家族信託冊子「信じる人に託す家族信託のススメ」

家族信託のススメ冊子差し上げます

なぜ家族信託の冊子を作って配布しているの?

2018年に障がいのある従兄のため、実際に親族間で家族信託を利用しました。

私は従兄の両親であり、私にとっての叔父叔母である二人と家族信託契約をかわし、二人から財産管理を任されることになりました。叔父叔母の一番の気がかりは「親亡き後の障がいのある息子の生活」です。親は、子どもの将来は心配なものですが、ハンディがあるとなおさらです。

 

私たちは、3つの気がかりを家族信託で解決しました。

①従兄の一生涯の生活

②叔父叔母自身の老後

③家族3人の葬儀・お墓・お寺のこと

 

家族信託の財産管理を通して、3つの気がかりをこれからずっとサポートできる体制が整いました。

財産管理のお悩みと気がかりがある方々が、家族信託を知る機会にめぐまれ、たくさんの笑顔が生まれることを願っています。中山文江


家族信託はこのような方の財産管理におすすめ

=========

自分の財産は、最後まで

自分の希望通りにしたい!

=========

このような方にピッタリ!ですが

それだけでなく

・老後の認知症へ対策したい

・親の老後介護の財産管理や認知症時の財産を守る対策をしたい

・障がいがある子のため親亡き後問題への対策をしたい

・引きこもり家族のためにお金管理の対策をしておきたい

・入籍しない内縁カップルのお互いの財産管理

・浪費家の家族への対策をしたい 

・ひとり親の死亡に備える子どもの財産管理を対策したい

など

家族信託の使い方はいろいろ応用できますので

さまざまなケースでメリットがあります。

 

今からの時代、

家族信託は老後や相続の知識として

知っておくべき財産管理の仕組みなのです。


家族信託の冊子が欲しい方はお問い合わせください

お問合せフォーム

メモ: * は入力必須項目です


家族信託のセミナー・その他講座開催のご案内