家族信託相談

家族信託は実績あるFP羅針盤にご相談ください

家族信託とは

家族信託とは、知っ得の財産管理のしくみです

 家族信託とは、究極の財産管理と財産引継ぎのしくみです。家族信託は、民事信託と呼ばれることもあり、最近はテレビでも取り上げられる機会が増えてきました。

成年後見制度や遺言、生前贈与ではできなかったことができるのが、家族信託です。今からの時代、家族信託は老後や相続の知識として、知っておくべき財産管理の仕組みなのです。

家族信託は信頼する人に財産を託し「私」の気がかりもお願いできる

家族信託では、「(あなた)に(私)のお金を託すので、〇〇をお願いします。」といった約束を契約します。

(私)の財産とともに気がかりを、信頼する(あなた)に託すことができます。

たとえば、「あなたに私のお金を託すので【私の認知症や死亡時に必要な手続きや費用の支払い、障がいのある我が子のこと】をお願いします。」といった感じです。

成年後見制度と比べ、想いを託せるのは家族信託

家族信託は、元気なうちに信頼する人に財産とともに「想い」を伝えます。認知症になった後に、財産の管理人を決める成年後見制度では、想いを正しく伝えるのは難しくなるでしょう。事前の対策として家族信託を活用することで、認知症になった後も、死亡後も「あぁ~してほしい」「こうしてほしいなぁ~」の想いを引き継いでもらうことが可能になります。特に、障がいのある子のための家族信託では、想いをしっかりつたえることができる点において、とても優れています。

また、成年後見制度のように家庭裁判所への手続きや報告は必要ありません。


家族信託はこのような方におすすめです

  • 認知症になったときの財産管理の対策を元気なうちにしておきたい
  • 親が認知症や介護になったときの財産管理の対策をしておきたい
  • 障がいがある子のため親亡き後問題への対策をしておきたい
  • 成年後見制度を利用するには抵抗感がある
  • 引きこもり家族のためにお金管理の対策をしておきたい
  • 入籍しない内縁カップルがお互いの財産管理をできるようにしておきたい
  • 浪費家の家族が浪費をしないような財産管理の対策をしたい
  • ひとり親の死亡に備える子どもの財産管理を対策したい
  • 自分の財産は、最後まで自分の希望通りにしたい!
  • 財産管理は信頼できる人(家族など)にお願いしたい


家族信託のご相談者さまから頂いた感謝のお声

70代既婚女性さとこさん(仮名)

健常だった子どもが、ある日を境に障害者になりました。

私たちも年なので、年々物忘れが進んでいますし、持病があるので、それも心配です。

子どもが障害者になってから、もう7年間ずっと不安な生活が続いています。私たちが先に亡くなれば、のこされる子どもの世話を

どうしていくかを毎日悩んでしまいます。



笑顔を増やすお手伝いプロジェクト!令和2年

家族信託3つの取り組み

1.家族信託相談会(無料) 令和2年12月まで月1回開催予定

家族信託相談の会@久留米シティプラザ開催しています。

FP羅針盤を応援してくださった感謝の想いを、無料相談会にてみなさまにお返しする「笑顔を増やそうプロジェクト」です。

限定3組の毎月1回無料相談会をおこなっております。  開催期限:令和2年12月まで

事前にご予約ください。詳しくは家族信託相談の会@久留米シティプラザ

家族信託相談会

2.家族信託受託者の会

家族信託受託者様向けの継続的なアフターフォロー研修会を開催しています。「家族信託受託者の会」詳しくはこちら。

受託者として知識アップ!の研修

筑後のうなぎを食しながら受託者同士で情報交換。慰労会。


3.家族信託のススメ 冊子差し上げます

FP羅針盤では、大好評いただいております家族信託冊子を差し上げております。

ご家族で、施設・介護等の専門家の方でご活用いただけます。家族信託冊子の進呈について

家族信託冊子ススメ
家族信託冊子親亡き後


ご相談は対面相談 もしくは オンライン(Zoom)相談

家族信託のご相談~契約~アフターフォローまでお任せください

FP羅針盤では、家族信託のはじめてのご相談から、ご家族等との面談、家族信託契約、その後のアフターフォローを、ご相談者さまと二人三脚のワンストップでサポートしています。家族信託に関連して、遺言、任意後見、ライフプラン、老後・障害年金などのサポートも可能です。

全国どちらへも出張対応しています。

初回の家族信託相談(初回30分無料延長特典付)

家族信託についてはじめてご相談される方は30分無料特典の初回面談相談をご用意しております。

画像:FP相談を案内するFP女性

よくある家族信託相談

  • ご自身の老後や認知症の財産管理をどうしよう?
  • 親の老後認知症の財産管理、相続をどうしよう?
  • お金管理ができない引きこもりの家族のための財産管理をどうしよう?
  • お金管理ができない障がいのある家族のための財産管理をどうしよう?

  • 入籍しない内縁カップルの老後や病気のときのお互いの財産管理をどうしよう?
  • 独身で独り身なので、老後の財産管理をどうしよう?
  • 夫婦二人で子どもがいないので介護や認知症時の財産管理をどうしよう?

ご相談は対面相談 もしくは オンライン(Zoom)相談

画像:FP羅針盤通信のお金と仲良くなる無料メルマガ登録申し込みバナー画像

メモ: * は入力必須項目です

【お知らせ】携帯アドレスをご登録の場合、メルマガが届かない方が多くなっています。パソコンからのメールを拒否設定されている場合、受信可能に設定の上、登録をお願いします。


画像:親と子の二代にわたって備えるなら「二世代ファインナンシャルプランニング」と「家族信託」専門のFP事務所羅針盤のお問い合わせ画像
画像:親と子の二代にわたって備えるなら「二世代ファインナンシャルプランニング」と「家族信託」専門のFP事務所羅針盤の電話番号画像
画像:九州国際重粒子線がん治療センターのバナー画像