人生ずっと笑って過ごそう!マネーリテラシーを上げよう!

喜びのお声 女性のマネー羅針盤スクール

喜びのお声

繰り上げ年金・繰り下げ年金が明確になった!

繰り上げ、繰り下げのことは耳にしていたが、今回受講して明確になったことが一番よかったです。

繰り上げについては60歳からできるので、近い将来の話ですから、具体的になりました。年金はごちゃごちゃしてわかりにくいとずっと思ってきたけど、表などでビジュアル的に教えてもらったので理解できました。

受講したことで、自分の年金の付加年金、国民年金基金について記憶があいまいなところがあるので、改めて調べてみようと思いました。キッカケができてよかったです。

「老後の公的年金」受講者さま 50代女性


遺族年金と自分の老齢厚生年金が関わってくるとは全然知りませんでした!

遺族年金の話が、目からうろこでびっくりしました。これからの、働き方に大きくかかわる情報でした。遺族年金が、自分の老齢厚生年金とかかわってくるなんて、本当にびっくりです。もう無理して働くことはないなと感じました。今回、知ったことで働き方が決まりました!

年金のしくみがちゃんと理解できてなかったので、知りたくて受講しました。自分の受け取る年金を知ることで、不安を解消しかったし。もらえる年金がわかることで、どう働くか?と決めて、ライフプランを立てたいと思っての受講です。このあと、まずは手始めに毎月の収支、退職後の収支予想を出そうと思います。

「老後の公的年金」受講者さま 40代女性


イデコでいくら節税金額がわかりました。夫婦で始めます!

イデコには興味があって、何度か話は聞いたことがありましたが、いくら節税になるかがわかりませんでした。講座の中で計算方法を教えてもらい、一緒に計算したおかげで、節税金額がハッキリわかりました。夫の節税額もわかりました。具体的にいくら効果があるのか?わかっていなかったから始めてなかったのですが、さっそく始めます。どの金融機関でイデコを始めるかも決めることができました。文江さんがイデコをどう使っているかの話もとても興味深く、そんな使い方もあるんだと発見です。社会人になったばかりの子どもが始める場合の注意点もわかったので、子どもにも話してみます。〇〇保険よりイデコの方がいいですね。

「老後の資金作り」受講者さま 50代女性


漠然とした不安を数字で見てみます

夫が働けなくなったら、寝たきりの介護が必要になったら・・・と、漠然とした不安があったが、どのような社会保障制度があるかを学んだことで、自分に置き換え、漠然とした不安をそのままにしておかず、数字でみてみようと思えた。シミュレーションしてみることで、不安に対策してみたいと思うに至りました。

行政のサポート内容についても知らないことがあった。社会制度を知って、なんだか気が楽になりました。障害年金もずっと知らないままだったら申請することもなかったと思うと、やっぱり情報を知っているか知らないかの違いは大きいです。日本では自ら申請しないと制度を使えない国なので、知ることって大事だな~と。傷病手当金についても、名前は知っていたが、どんなときに使えるかなど、詳しく知ることが出来てよかったです。社会保障制度を知ると、生命保険に入る過ぎているような気がしてきました。この後、さっそく保険の内容を確認したいと思います。

ステップアップ講座「ライフプラン作り」受講者さま 40代女性

注意)FP事務所羅針盤は保険の代理店ではありません。独立系のFP事務所です。保険の勧誘をすることはありません。


障害年金の金額、傷病手当金の金額など具体的に金額がわかって安心しました

夫が体調を崩した時があり、ライフプランシミュレーションをしてみようと思ったのをきっかけに受講しました。障害年金や傷病手当金、その他の制度の金額が具体的にわかった。金額がわかることで、今後のライフプランの見通しを立てる上で、とても参考になった。何とかなる!とも思えた。

介護費用もこのくらいかかりそう・・・というだいたいの金額がわかったことが、今後のライフプランを計画するうえでとても役立つと思う。

ステップアップ講座「ライフプラン作り」受講者さま 40代女性

画像:FP羅針盤通信のお金と仲良くなる無料メルマガ登録申し込みバナー画像

メモ: * は入力必須項目です

【お知らせ】携帯アドレスをご登録の場合、メルマガが届かない方が多くなっています。パソコンからのメールを拒否設定されている場合、受信可能に設定の上、登録をお願いします。


画像:親と子の二代にわたって備えるなら「二世代ファインナンシャルプランニング」と「家族信託」専門のFP事務所羅針盤のお問い合わせ画像
画像:親と子の二代にわたって備えるなら「二世代ファインナンシャルプランニング」と「家族信託」専門のFP事務所羅針盤の電話番号画像
画像:九州国際重粒子線がん治療センターのバナー画像