年金をもらい待ちの本人が死亡したら年金はどうなる?

 

こんにちは。
幸せの先には幸せが、
悩みの先には悩みが・・・
単純に生きていこう!と思った
FP&社労士の中山です(^.^)/~~

 

 


さて、今回もよく聞かれる質問の1つを
みなさんで共有したいと思います。

 

 

 

65歳からもらうはずの年金を
あえて受取らず、
68歳まで待って増やしてから
もらおう!!と思っていたのに…

 

 


死んでしまった…
というお話しです。

 

 

 

今日はサクッといきますね。


^^^^^^^^^^^^^^^^^
年金の繰り下げ受給の待期期間中に
本人が死亡した場合、
未支給の年金どうなるか?
未支給の年金は受け取れるのか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

結論。

 

 

 

もちろん、ご本人は死んでいるので
受取ることはできません。

 

 

 

では、誰も受け取れないかというと
そうではないんですね。

 

 

 

はい、遺族が受け取ります。
未払い年金として。

 

 

 

65歳から死亡するまで
本来もらうはずだった年金を
遺族は受け取れるのです。

 

 

 

これは、遺族年金ではありません。
もらうはずだった年金の未支給分を
受取る…未支給年金です。

 

 

 

なので、遺族が遺族年金を
もらう権利があれば、
また別に遺族年金は支払われます。

 

 

 

それと、残念なのですが、
繰り下げで増やそうと思っていた
ご本人の意向とは関係なく
未払いの年金は増えては支払われません。

 

 


本来受け取るはずだった
65歳からの年金額で支給されます。

 

 

 

お役に立てましたら、うれしいです!

 

 


まだ、ちょっと先ですが
ご予約いただいてますので
先着順ですから、どうぞお早めに。

^^^^^^^^^^^^^^^^^
【笑いの終活勉強会】ザ・体験会
^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


中山のYouTubeチャンネル

^^^^^^^^^^^^^^^^^
おどるFP&社労士の
お金道場へどうじょ~♪
^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


よろしければ、お友達にこのメルマガの
ご紹介をいただけるとうれしいです!(^^)!

メルマガ登録の方限定!の情報あります。
===============
お金と仲良くなる無料メルマガ登録
===============

 


お聞きになりたいことや
ご質問がありましたら、
toiawase@nakayamafp.com

にお気軽にメールください。

 


笑う門には福来る
笑う門には、お金も来るよん!
今日も、たくさんの笑顔が生まれますように。

 

 

◎無料相談のご予約(初回のみ限定)


>>>FP事務所羅針盤<<<

 

なにから、どう解決すればいいのか
わからないあなたに!

 

人生何かあって当たり前!
もっとブサイクでいい
自分にウソつかず生きていこう!

 

年金・社会保障のプロがサポート
社会保険労務士のFP事務所羅針盤

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。